とうほく学生演劇祭2022

About us

東北の学生演劇団体が仙台で東北No.1を競い合う演劇フェスティバル。

制限時間は45分、審査員3名によって大賞を決定する。

また、全国学生演劇祭への出場を推薦する団体を決定する。

2017年の開催を最後に活動を休止していたものの、2022年に再始動。

 

 


 

『とうほく学生演劇祭2022』開催のお知らせ

開催日時:2022年12月3日(土)12:30~

        12月4日(日) 10:00~

開催場所:宮城野区文化センター パトナシアター

 

参加団体:Aブロック ・東北大学学友会演劇部

                                    ・劇団ざくろう

    Bブロック ・尚絅学院大学演劇サークル

                                        「尚劇団」

                                    ・東北学院大学演劇部

    Cブロック ・劇団ダダ

                                    ・宮城学院女子大学演劇部

 

審査員:本田椋 (劇団短距離男道ミサイル)

    広田淳一 (劇団アマヤドリ)

    菊池佳南 (うさぎストライプ)

 

 

とうほく学生演劇祭
とうほく学生演劇祭
とうほく学生演劇祭2022 フライヤー裏面
とうほく学生演劇祭2022 フライヤー裏面

スケジュール

  12/3(土) 12/4(日)

10:30~

  12:15

  Aブロック

13:00 ~

  14:45

Aブロック Bブロック

15:30~

  17:15

Bブロック Cブロック

18:30~

  20:15

Cブロック  

料金

  ブロック券 通し券

26歳以上(一般)

2000円 3000円
25歳以下(U-25)  1500円

2000円

18歳以下(U-18) ーー 100円

U-25,U-18チケット:当日、学生証や免許証などの年齢がわかるものの提示にご協力いただく場合があります。ご了承ください。

通し券:すべてのブロックを鑑賞できます。土曜日の通し券を購入した場合、日曜日のブロックも鑑賞可能ですが、お席の確保のため土曜日とは別に日曜日のブロック券も予約することをおすすめします。その際、日曜日のブロック券に料金は発生しません。


審査員紹介

 

菊池佳南(Kanami KIKUCHI)

俳優 うさぎストライプ所属

 

2005年「バルカン動物園」に出演。2010年から劇団青年団へ入団し、2011年「ソウル市民昭和望郷編」、2014年「ゴーストシティ」など、舞台を中心に活躍。

 

コメント▶とうほく学生演劇祭の復活おめでとうございます。東北の学生演劇シーンの仲間に入れていただけて光栄です。貴重な上演の機会に、どうかエネルギーを暴走させて素敵な演劇作品や仲間と出会えますように。お会いできることを楽しみにしております。

 

広田淳一(Junichi HIROTA)

演出      劇団アマヤドリ 主宰

 

2001年、東京大学在学中に「ひょっとこ乱舞」を旗揚げ、主宰する。以降、全作品で脚本・演出を担当し、しばしば出演。

 

コメント▶審査員を務めます、広田淳一です! コミュニケーションの在り方がすごいスピードで変化している時代の中、若い世代のクリエイターがどんな劇を作り上げてくれるのか、とても楽しみにしています。思うままに、やっちゃってください!

 

本田椋(Ryo HONDA)

俳優       劇団 短距離男道ミサイル 代表

 

東北を代表する若手舞台俳優として、舞台のみならず、ダンス公演や音楽、ラジオドラマ、MCなど活躍の場を広げている。

 

コメント▶私の演劇の原点は学生演劇です。演劇って何なんだろう。未だよくわかりません。演劇には正解がない。それは一方で無限の可能性があるということ。仲間と共に、踠き、足掻いて、最後まで演劇的なるモノを掴もうと探し続けている、そんな作品を期待しています。


電車の場合

JR仙台駅から

[仙石線 下り、所要時間6分、運賃150円]

陸前原ノ町駅から 降りてすぐ

 

バスの場合

宮城野区役所前 降りてすぐ


お問い合わせ

メール:tohoku.tstf@gmail.com

演劇祭へフライヤの折込希望の団体様は下記のフォームから「折込申し込み」をお願い致します。




Twitter